Amazon

夏に向けてスタンスミスの紐交換、オススメのコットンシューレースはこれだ!

夏になると涼し気な白いスニーカーが履きたくなりますよね。約3年前に購入したアディダスのスタンスミスですが、さすがにが汚れているので交換しました。オススメのシューレース140cm生成りコットンシューレースですよー。

意外に難しい、スニーカーのシューレース交換

スタンスミスのホワイトは、白くて汚れやすくて、そもそも白いスニーカーは汚れやすいのに、紐(以下シューレース)が汚いとより汚く見える。そこで交換することにしたのですが、シューレース交換って実はなかなか交換が難しい。それには理由がいくつかある。

①長さが何センチなのさ問題
計測すればいいじゃないって話ですが、このスタンスミスは140cmが正解。検索すると上位ブログで130cmがベストとか言ってますが、間違いなく140cmです。これに騙されて、私も120cmを購入してしまったことがあります…。

②素材や色は何なのさ問題
最初に付属していたのがポリエステル素材が入ったホワイトのもの。せっかくのスタンスミスのサイドのソールがクリーム色しているのに、まったくマッチしない色合い。しかも風合いゼロでいくら履いて使いこんでも汚れるだけでしかない。なので、交換するならクリーム色の生成りのコットンがベストマッチ。

③太さは何ミリなのさ問題
付属のシューレースはやや太め、太さにして9mm程度あるため、ものによってはこれより細くなってしまう恐れアリ。当初のイメージに近いのが良ければ9mmのものがオススメ。正直言って、丸紐とか提案しているブログありますけど、それってかっこいいか?全然イメージ変わってしまって、個人的にはスタンスミス感なくなると思います。


スタンスミスはこのオリジナルスが革の質感があって良い。ABCマートで販売されているスタンスミスとは一線を画する。

上記3問題をクリアしたシューレースとは?

以上の問題を乗り越えて、無事にシューレース交換をしたスタンスミス氏。最初に付属していた紐のイメージを壊すことなく、サイドのソールとも色があって、さらにコットンの風合いが良い、まさに三拍子揃ったシューレース。

3年履いたので、ちょっと拭いたくらいじゃさすがにキレイとはいい難いが、シューレース交換することで、また夏に向けて履きたくなってきました。さすがに履いている人が多いので、他人とかぶることは仕方ないけど、大人なら少しキレイに履いておきたい。生成りの色合いがとても良い。

なんと700円で2本入り!スタンスミスのシューレースなら、間違いなくこのタイプをおすすめします。汚れたらまた替えられますしね。

スポンサーリンク
336×280
336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336×280